スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

奈良・天川村へそぞろ歩き。 その2。…『洞川温泉 後鬼の湯 宿 花屋徳兵衛』

温泉といえば、
温泉宿であります。

花屋 徳兵衛
花屋 徳兵衛
レトロなステキ旅館。

花屋徳兵衛
ウェルカム揚げせんべいとウェルカム「ごろごろ水」。

かの有名なごろごろ水も
天川村付近で湧き出ているようです。

---------------------------------

ここには
「前鬼の湯」「後鬼の湯」
と名づけられた温泉があり、
時間帯によって
交互に男湯・女湯に変わります。

私たちが訪れた時は
「後鬼の湯」が女湯になっていました。

「後鬼の湯」のほうが比較的新しく
半露天風呂なので居心地が良いです。
「前鬼の湯」になる前に
3回くらい入ってみました。

肌に当たる感じがやわらかい、
ぬるめのお湯です。
…ぬるいからと思って長くつかっていたら
さすが温泉なだけあって
じわじわ~とあっという間にあったかくなり
湯上り、ゆでだこ顔になってました。

ちなみに、
前鬼、後鬼は
役小角(えんのおづぬ)という
昔のえらい修験者さんが連れていた
鬼の名前ですが、
天川村を開いたのはその「後鬼」だという
言い伝えがあるんだそうです。

なので天川村のあちこちで
鬼の像や絵がたくさん見られ、
節分のときも
「鬼は内、福は内」
というんだそうです。

------------------------------------------

さて旅館の泊まり心地ですが、
全体的にかなりキレイに手入れされてます。
トイレも使いやすくキレイです。
温泉はすごくいいし、
旅館の人も親切で全体的に良かったです。

ただ、
やはり古い建物なので人を選びそうです。

・足音など震動が伝わりやすい。

・表通りに面した部屋だったので
 行者さんの熊よけの鈴などが
 早朝から聞こえてくる。

など音の問題があり、
「静かな環境じゃないと寝られない!」
…という性質の人には
ちょっと厳しいかもしれません。

ちなみに
私は夜~朝まで爆睡、寝過ごしていたので
寝付きにくかったらしい友人に
違和感のある表情を向けられました。

ふふ。



花屋徳兵衛
ちなみに夕食はお部屋で、
朝食は別室で食べれます。

一人ずつ用のお膳に、
鮎の塩焼きや天ぷらなど
もりだくさん乗ってきます。
おいしくって幸せ。

『洞川温泉 後鬼の湯 宿 花屋徳兵衛』
〒638-0431
奈良県吉野郡天川村洞川温泉
●TEL 0747-64-0878
●FAX 0747-64-0111
●フリーダイヤル 0120-134-878

その3につづく。

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

2010.06.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | そぞろ歩き。

«  | HOME |  »

プロフィール

あっち

Author:あっち
食べ物大好き。有機野菜もジャンクフードも好き。ファーストフードはモス党。おいしい店を探して主に関西を徘徊中。撮る前についつい食べちゃうので、写真はまれ。現在インドア生活(映画鑑賞)も満喫中。ロバート・ダウニーJrをこよなく愛してます。

ブログ内検索

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。