スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

食とアートの旅。 その3 …金沢・近江町市場「もりもり寿司」

「北陸といえば魚介類だ!」
と、ホテルを市場近くにとり、
とにかく市場をうろついていました。

「かに解禁!」の垂れ幕が
あちらこちらにかかっておりまぶしい。
そして市場内には朝ゆでがにが満載。
しらこのかたまりはちょっとグロい。

ガイドブックで目をつけていた

『近江町コロッケ』
●甘エビコロッケ210円

をかじりながら、晩ごはんの寿司屋を物色。

近江町コロッケ
というかナニコレ、このコロッケ。うますぎる。

甘エビの味と香りがおいもにがっつりついていて
ひとくちめから甘くてうま!
甘エビの身に到達したらさらにうまい!!

コロッケすらこんなに旨いとは、
おそるべし近江町市場。

------------------------------------------------

コロッケを食べ終わり、
晩ごはんに決めたおすし屋は

もりもり寿司』。


もりもり寿司
廻るお寿司だけど、ふつうにオーダー聞きにきてくれる。

<オーダー>
●お寿司
ひらめ、のどぐろ、かに、
本まぐろ赤身、本まぐろ中トロ、
生ほたるいか

のどぐろがびっくりするくらいおいしい!
「白身の王様ってどんなやねーん」
と連れとともに舐めきった態度で食べたら、
ひらめと同じ白身魚とは思えないくらい
うまかったです。土下座もの。

「生のほたるいかってめずらしいね~」
と期待を持って食べた寿司は意外と普通でした。
もちろん旨いけど普通。

●白海老の軍艦巻き
期待通りの旨さ。
甘くてふわふわでとろけてうま~。

●香箱蟹のみそしる
みそしるにかにの半切れがダイブ。
「ど~やって食うんだ」と眺めていたら
板前のおっちゃんに
「気にすんな。かじりつけ!」
といわれたのでかじりついたら
おなかのオレンジ色のなにかがうんまかった。

連れはゴージャスな1300円皿(大トロ、ボタン海老、うに)に
「これ、うにがすごいー!うまいー!」とご満悦でした。

そして廻る寿司なので基本的にリーズナブル。
ひとり2000円くらいでした。(ゴージャス皿除く)

--------------------------------------

帰りに市場出入り口にある半屋台でデザートを購入。

●金魚焼き6個いり
(小豆、チョコ、カスタード、チーズ味がランダム)

金魚焼きは金魚の形をした一口サイズのたい焼き。
これもまた屋台お菓子となめきってたら旨かったです。
お姉さんに、一個おまけしてもらいました。

金沢はうまい。


『もりもり寿司 近江町店』
石川県金沢市青草町88 (近江町市場内1F)
076-262-7477
平日AM10:00~PM4:00/ラストオーダー:PM3:30
土日祝AM10:00~PM8:30/ラストオーダー:PM8:00
年中無休

テーマ:寿司・鮨・すし - ジャンル:グルメ

2009.11.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 遠いところで食べ歩き。

«  | HOME |  »

プロフィール

あっち

Author:あっち
食べ物大好き。有機野菜もジャンクフードも好き。ファーストフードはモス党。おいしい店を探して主に関西を徘徊中。撮る前についつい食べちゃうので、写真はまれ。現在インドア生活(映画鑑賞)も満喫中。ロバート・ダウニーJrをこよなく愛してます。

ブログ内検索

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。